「やじろべえの会」 ネーミングへの想い

 

やじろべえは振り子を左右に振りながらバランスをとります。

 

自分の生き方に不安を感じることもあります。また自分の意見、主張に猛反対されることもあります。一方では、あなたのことを応援してくれる人もいます。

 

しかし、大切なことは中心軸・自分軸(信念)を持って、バランスをとること。

 

批判される、応援されるなど「相手軸」の生き方をするのではなく、信念という中心軸で揺ら揺らゆれることが必要とされます。 中心点をどこに置くのか、「相手軸」になってしまっていないのかどうかを、日々真剣に考えることが大切です。

 

これは、単なるわがままとか、利己主義とはまったく違います。

 

ゆらゆらと揺れながらもしっかりとバランスをとる!

 

やじろべえの会は、参加メンバー全員が中心軸を発見し、そして相互に結びつき、それぞれが支え合い、応援し合い、信頼し合えるような会を目指しています!

 

やじろべえの会650px

 

やじろべえの会 発足にあたり

記:2012年8月

 

「やじろべえの会」の構想は代表・多田が著者になる前、副代表・岡田が会計士試験に合格する前の、今から約4年前の2008年度にさかのぼります。

 

 

お互いに自分の夢実現のために一心不乱に頑張っており、歳の差12歳、講師・受験生という関係を超えて「自分らしく夢を実現する」といった内容で語り合い、 いつか、仕事や人生に悩んでいる人の自己実現を支援できるような勉強会を発足させたいと誓いを交わしました。

 

 

その後、多田が2009年に初出版。 岡田も会計士試験に見事合格。

岡田の合格後も月に1回程度、お互いの夢の実現について語り合いました。

 

多田は、2012年8月現在、マガジンハウス、中経出版、日本実業出版社、ダイヤモンド社という一流の出版社から合計4冊出版をすることができました。さらに、心理カウンセラー資格、メンタルヘルスマネジメント最上級マスター資格、心理学検定1級、CDAも取得。

 

一方、岡田も大手監査法人で3年間勤務後退職。自己の能力を最大限に発揮し、お客様に笑顔を届けることを使命として、会計職から思い切って営業職に転職。同期は、基本営業経験があり、しかも営業で抜群の実績を持っている方、いわゆるトップセールスマンばかり。その中で、いきなり初年度からお客様の紹介のみでトップ10%の仲間入り。

 

ただ、多田も岡田も不器用なタイプで、大きな壁に何度もぶち当たりました。

 

そのたびに、自己を振り返り1歩1歩前に進んできました。

 

もちろん、まだまだ2人とも発展途上の身。

 

しかし、構想より4年間をかけ「やじろべえの会」という形でようやくお伝えできるようになりました。

 

とある本に、輝かしい未来を創りだすために今後最も重要となる世代はY世代(1980年~95年頃の生まれ)と記述されています。 競争世代で育ったX世代(1965年~79年頃の生まれ)からのバトンをうまく渡せるか否か。

 

競争世代から、協創世代へのシフトチェンジ。

 

「やじろべえの会」では、X世代である多田と、Y世代である岡田を中心としつつ、そこに参加する世代を超えたメンバーで、自己実現、豊かな人生を目指します!

 

誰でも参加可能です!

 

ゆるやかだけど更なる情報化時代、自由に誰とでもいつでもつながる時代が確実にやってきます。

 

友達、仕事仲間と気軽に連絡をとりあえる反面、自分と向き合う時間がなかなかとれないという人が増えています。

 

便利であり不便になる時代

 

自分はいったい何をしたいのだろう・・・

どこに向かって進んでいるのだろう・・・

本当はもっとこういうことがしたいのに・・・

 

情報化時代になればなるほど、価値観、ポジショニング、自分らしさについて勉強しておくことは必須です。

 

でも・・・ わかってはいるけどどうしたらいいのか・・・

 

そんな将来の自分に対して漠然とした不安をお持ちの方に、ぜひ、参加していただければと思います。

 

もちろん、自分ブランディングをさらに磨き上げたい方も大歓迎!

 

やじろべえの会は、参加メンバー全員が中心軸を発見し、そして相互に結びつき、それぞれが支え合い、応援し合い、信頼し合えるような会を目指しています!